【新規就農と田舎暮らし】03家探し

繋がりがモノを言うケド・・

農村部の空家が社会的に問題になってるように今時はちょっと田舎に入れば空家だらけです

じゃあ住居を見つけるのは簡単かというと全くそうではありません

市街地の方がよほど簡単です

賃貸向けの物件じゃないので当たり前ですが空家の情報はどこにも載っていません

市町村が空家の紹介をやってますが1/10も載ってないと思います

市街地のようにネットで探すなんて事はできません

  

やはりその地域の人に頼むしかありません

私の場合農大時代にアルバイト(草刈り)で時々行ってた農業法人の会長さんに頼みました

農大と現地研修で2年くらいあるのでのんびり構えてましたがコレが大失敗

最初に紹介されたところは建物的には綺麗ですがとにかく遠い・・

元々田舎なのですがその中でもさらに奥の方です

先に畑にあたりを付けていたのでそこまでの距離を考えるとなかなか厳しい

毎日通う事を考えると尚更です

 

そして引っ掛かったのが隣の家との距離

既に書いていますが私が田舎に越す理由は自由にサンメカやDIYをやりたい事です

それなのに隣の家が近いと何の意味もありません

近いといっても都会とは比べ物にならない程余裕ありますし昼間電動工具を使った所で全く問題にならないでしょう

それでもやはりもっと開放的な所が希望です

そして小さい事ですがトイレが和式の汲み取り・・・これも毎日の事なので結構キツイ

 

それ以外はかなりいい物件でした

建物自体は古いもののしっかりと管理されており必要な部分は修繕されているので朽ち果てそうな空家とは全く違います

建物の外観なら実家より綺麗なくらいでしたね 

そしてなによりビックリする程大きく立派な納屋がついています

バイク・車ガレージに使っても余る程です

この納屋一つで十分魅力的ですがとりあえず保留と言う事に

  

次に紹介があったのが畑の前の日本家屋

立地条件では完璧です

こちらはまだ生活している状態でした

といっても土日だけ家の管理に戻るような状況で早く手放したいという事です

こちらの建物も管理されており十分綺麗です 

そして2階建ての離れ兼納屋があります

前の物件程の広さはありませんが十分過ぎる程大きかったです

部屋の中はまだ使っているだけに生活感がありすぎてイメージは沸きませんでした

家主さんと話す最中にあきらかにに相手の顔が曇った瞬間がありました

それは私が独身という事

貸す側にしてみれば家賃をキッチリ払ってくれるのが一番でその次は家を綺麗に使ってくれる事じゃないでしょうか

だとしたら新規就農で独身というのはかなり不安要素のある相手ですね

そこから家主さんはできれば賃貸ではなく購入して欲しい言い出しました

買うならそこら辺のリスクは関係ないですしね

お値段は500万円 

会長さんに聞いても「まあ妥当だろうけどもう少し値切ればいいんんじゃないの」との事

しかしいくら妥当でも家の購入となれば私にとっては一大事

条件にそってるだけでその家が欲しいとまでは思いませんでした

という訳でこちらは候補にもなりませんでした

 

何度か草刈りに参加していると一緒に働いているお爺さん達が私が家探しに苦労している事を知り

爺さんA「家決まったかいのう?」

爺さんB「アソコも空家じゃ」

爺さんC「ケンちゃんのトコも空いちょるじゃろう」

爺さんD「アソコは古うてダメじゃろう」

と色々教えてくれます 

やはり田舎の情報は田舎の爺さんがたくさん持っています

 

そんな中これはと思う1軒がありました

建物的には古いもののリフォームしてあり凄く綺麗

横には増築された新しいウッドデッキ付きの離れがあります

何より隣の家と50m以上離れており裏は山なので道路もありません

唯一のネックは農家をやめてリフォームと増築をしたせいか農業用のスペースが少ない事です

しかしそれ以外はハッキリって完璧といっていい環境 

「ウッドデッキの前にバイク置いてビール片手に弄るなんて最高じゃないか」

と相変わらずなめた考えを持って会長さんに取り次いでもらえるようにしました

そこは元々老夫人が一人で住んでいたものの息子さんと一緒に東京生活する事になったとか

その家に戻る事はないので出来れば購入して欲しいとの事

やはりここでも購入が第一希望です

  

条件的に言えば購入も十分考えられる物件ですが新規就農で色々融資を受けている中でさらに住宅ローンや貯金を大きく切り崩すのも微妙です

綺麗とはいえ古い建物なのでいろいろガタはきているでしょう

やはり最初は賃貸でいきたいと伝えました

 

そうなると家賃の話になってきます

相手方は売るつもりだったので賃料は全く考えておらず相場も分からないとの事

この相場というのが厄介で田舎の空家には相場がありません

固定資産税程度(タダ同然)でいいよと言う人もいます

田舎の家は敷地が広いので雑草や植木など管理も大変ですから隣に迷惑かけないようにとか家が傷まないようにタダ同然でいいという人は結構います

  

家主さんは老婦人ですが交渉は息子さんでした

大手不動産屋で査定してもらったところ・・・・

10万円!

ハイ予算オーバーです

こちらも候補から外れました・・・と思いましたが一応こちらの予算を伝えました

予算は3万円です どう考えても歩み寄れる金額ではありません

しかし元々家主さんは売却が希望です

ですので将来的に購入を考えてその金額でいかがという話になりました

私としても住んでみて問題なければ購入しても良いと思える物件

家主さん側にしても失礼ですが田舎の空家にそう簡単に買い手は見つからないでしょう 

2年間の賃貸期間を経て購入か退去かという話になりました

それであれば家賃は私の言い値で良いとの事

私としてももっと他の物件も見たいし将来的に家を建てたい希望も無きにしもあらず

そうなると解体費用のかかる空家よりも空き地の方が良いですしね

これはこの先どうなるか自分でも未定です

色んな人に話を聞くと結構買って後悔した人もいます

田舎の家は安いので家賃と比較した場合買った方がいいと思い買う人は多いですが古い家なので大規模な修繕が必要になったりリフォーム費用がかかったりでそれなら新築で良かったという意見も聞きました

  

とにもかくに今の段階では理想的な家を借りる事ができました

ひとえに爺さんたちのお力です

ですのでやはり田舎のネットワークは大事です

ただそれでも私のようにというか私以上に人付き合いが苦手な人もいるでしょう

そういう人は無理かと言うと全然そんな事はないと思います

とりあえずネットや何かで紹介されている物件を借りて住めば後からいくらでも情報は入ってくると思います

多少遠回りになりますが人付き合いが嫌な人にとってはそっちの方が楽かもしれませんね

 

いくら空家といっても賃料をとって貸し出そうと考えている人はかなり少ないと思います

ですので家の中には家具や服などが置いたままです

これを貸す為に片付けるとなると年寄りには相当キツいでしょう

ですので田舎の家を借りるのであれば一部屋は物置に使うのが一番だと思います

もったいない気もしますし他人のモノが大量に置いてあるのは気持ちイイものじゃなありませんが持主も捨てられずにとっておいた大事なものだと思います

ですので納屋に放り込むのではなく一部屋物置に使ってくださいとコチラから提案すればかなり相手の負担も減って貸しやすくなると思います

ちなみに私の借りた家にはすごく立派な仏壇があります

さすがに位牌はないですけどね まあ私は全く気にしないのでいいですけど

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です