【新規就農と田舎暮らし】爺様がフラッとやってくる

土産忘れないでね

畑仕事を終えて家で第三のビールを飲みながらTVを見ていると外から私を呼ぶ声が

外に出てみると集落営農組織で一緒に作業してるオジサン、テルオさんでした

野良仕事の帰りに寄らせてもらったとかで手には缶ビールが6缶

アリガテー!

 

家に上がるかと聞いたら悪いからいいとの事

ウチには離れにウッドデッキがあるのでじゃあココでと2人並んで座りました

テルオサンとの会話はたわいないモノです

コッチの生活はどうだとか東京の生活はどうったかとか

答えるものの私の話の2割くらいしか聞いてない印象

爺様達と話して一番感じることが全然話を聞かない事ですね

まあこっちに話を振るのは社交辞令みたいなもんでしょう

 

私はおしゃべりな方じゃないし人の話聞くのも嫌いじゃないので一向にかまいません

それに私もあんまり真剣に人の話を聞くタイプじゃないので

テルオサンは定年までの仕事やら共通の知り合いの話を喋ってましたが正直いって全く覚えていません

というかおそらく本人も何しゃべったか覚えてないでしょう

飲みながら会話なんてそんなもんです

その瞬間が楽しけりゃいいんです

 

テルオサンは喫煙者なのでひっきりなしにタバコを吸っています

こりゃ確かに家の中で飲むのはダメだなぁ・・・

 

我が家ながらウッドデッキには涼しい風が吹いてビールを飲むには最高です

やたら写真写り良くて積水ハウスのCMみたいだなぁ・・・

別に私が建てた訳じゃないから自慢にはなりませんけど

6缶あったビールをあっという間に空けてしまいました

空き缶は置いといてですよというと

いや持って帰ると頑なに拒否されました

変なトコで几帳面なもんです

 

テルオサンは酔っぱらってフラフラと帰っていきました

田んぼにでも落ちないかと心配しましたが翌日草刈してましたから大丈夫だったようです

 

私は一人暮らしだし家はやたらめったら広いので時々友達や近隣の人が来て飲めればいいですね

ただお土産持参は義務ですヨ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です