【DIYとバイク】Black and Decker充電式ブロワーで洗車

KTMカラー

バイクは水洗いしたあとの拭きあげが厄介ですね

かといって適当にやると水気が残って錆や水垢の原因になってしまいます

(まあ実際そこまで神経質になる事もないと思いますが)

そこでブロワーを使って水けを飛ばすという方法があります

今回使ったのはブラックアンドデッカーGWC18PCB

amazonにて15,467円(2020/09/08)

バッテリー1個付きで充電器無しです 

充電器付きだと17,240円 

本体のみだと11,108円

B&Dは商品ラインナップが幅広くバッテリー共通なのでこの辺は無駄がないですね

私はトリマーとセットのモノを購入しました

他にも電動インパクトや丸ノコなんかもB&Dです

マキタや日立は製品は素晴らしいんですが素人にはちょっと高いんですね

さすがにこの辺は同メーカーで揃えるのは厳しいので最初からB&Dにしました

 

ごく普通の充電式ブロワーですが風力を2段階に変えられます

風量も風速もだいたいこのサイズのブロワーだと標準的です

この辺はバッテリーの質にかなり影響されますので数字はあまり参考にならないですね

マキタや日立程じゃないにしてもB&Dなら安心感があると思います

実際使ってもみてもパワー不足と言う感じはしません 数字通りと言う感じです

大量の落ち葉を集めるなら元々このサイズのブロワーでは無理です

ガレージや庭などあくまで家庭用です

では洗車の場合どうでしょう

9月晴れ気温32度

ホースで車体全体をびしょ濡れにした後すぐにブロワーで吹いてみました

コンプレッサーのエアダスター程ぶっ飛ぶ感じはしませんがノズルの先の水は飛ばしてくれます

それと同時に乾かしていくので洗車後の水気を飛ばすなら十分使えます

パワー的にアッいう間では無いですが奥の方にダスターを突っ込む手間を考えればかかなり楽です

空冷のエンジンフィンなんかでも有効でしょう

イマイチなのがノズルですね

マキタなんかだとソフトタイプのゴム製ですがこちらは樹脂製なので固いです

慣れの問題かもしれませんが私はゴム製の方が使いやすいですね

 

バッテリーの持ちは十分

一台丸々乾燥させましたがバッテリーには余裕がありました

 

総評としては洗車に十分使えますし楽になります

コード式とバッテリー式ですが屋外で使うなら絶対にバッテリー式です

長時間使うものでもないし洗車を楽にするものなので重要なのはパワーじゃなく手軽さでしょう

デカいトコなんて手で吹けばいいだけですし

 

音はブロワーとしては標準的 特に煩くもなく静かでもなく掃除機くらいです

昼間ガレージで使う程度なら全く問題無いと思います

 

バイク以外の使い方

というか本来の使い方ですが連続使用が通常モードで51分なので庶民の庭やガレージなら十分でしょう

この程度なら余裕デス

町内会の神社の掃除とかじゃ厳しいですね

この製品というかブロワー自体の話ですが毎日チマチマとホウキで掃くくらいならブロワー買ってすっ飛ばしたほうがいいです

ホウキと違ってモノがあってもいちいち動かなくてもすみますし服についた埃なんかも飛ばせます

何より疲れません

使い方に癖があるので慣れるまでは思うように使えませんが一度慣れたらもうホウキには戻れませんよ

 

洗車の為だけに買うのは微妙なところですがそれ以外の用途も踏まえればオススメです

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です