【DIYとバイク】Ko-ken Z-EAL1/4首振りラチェットハンドル

クール!

コーケンの首振りラチェットです

ZEALシリーズはコーケンのブランドの一つですね

ソケットはスタンダードよりも肉薄抵頭です

ラチェットの方はヘッドがコンパクトに出来ています

ただコーケンのラチェットはスタンダードのものでも小さいのでそこまで差がありません

同じ1/4と比べてもかなり小さいです

薄さも2/3くらいです

実物を見るとビックリするくらい小さいです

 

コーケンのラチェットの特徴としてギアが36歯な事です

今時ラチェットは72歯が当たり前で中には90歯なんてのもありますからそれと比べるとかなり少ないですね

当然ハンドルを振れないような場所だとコーケン製は不利ですがもちろんメリットもあります

まず歯が大きいので耐久性が高い事(たぶん)そのおかげでヘッドを極限まで小さくできているのだと思います

ただこの辺はサンメカの私にはわかりづらい所です

それよりも大きなメリットが空転トルクの軽さ

空転トルクを簡単に説明するとボルトが緩んで抵抗が減るとソケットと一緒にボルトが回ってラチェットの機能を果たさなくなります

ですので空転トルクは軽ければ軽い程いいのです

コーケン製はこれが断然軽いのです

以下実験です

二つのラチェット互いにかけて回します

片方は普段愛用してるSK11の72歯です

当然ですが空転トルクが軽いほうがカチカチとラチェット機能を果たします

結果はもちろんコーケン製の方がラチェット機能を果たしました

フォローする訳じゃないですがSK11は約1500円、Z-EALは約7600円ですからね

 

SK11はあまりにも長く愛用して手に馴染んでるので正直使い勝手でいえばSK11です まあ慣れですね 

 

肝心の使い勝手についてですがコーケン製だけあって質実剛健という感じです

切り替えもラチェットも一切引っ掛かる事もなくスムーズです

首振り機構は90度と180度である程度固定されます

しかし一番のポイントは質感でしょう

小さいだけに精巧な作りでメッキもめちゃくちゃ綺麗です

黒いグリップ部分もゴムではなく固い樹脂製で高級感があります

ただ高級感があるだけじゃなくコーケンの説明によれば特殊なグリップだそうです

大袈裟じゃなくちょっとした工芸品みたいです

これは間違いなく工具オタクの物欲を刺激する商品ですね

私はコーケンファンなので尚更、工具箱に入れとくだけで楽しい工具です

残念なのがZ-EALの1/4ソケットが揃って無い事です

せっかくなら同じZ-EALで揃えたいところですがすでに1/4は揃ってますしね

しかもいくつかはコーケン製ですし

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です