【新規就農と田舎暮らし】玉ねぎ収穫

ナイスタイミング

畑の状態が悪く芋の植え付けができず手を持て余していたら普段受託作業を受けている爺様から明日玉ねぎ収穫するから手が空いとるとなら来たらええとの事

どうせ明日も土は乾いてないしナイスタイミングです

翌朝8時に畑行くと普段と違い爺様だけでなく婆様もいました

草刈など比較的体力勝負のモノは爺様達、手元の細かい作業は婆様も加わる感じですかね

作業は単純です 玉ねぎをどんどん抜いていけばいいだけです

1ヘクタール超えるような畑だと機械でガシガシ掘りますがここは余った畑に植え付けてるだけなので手作業です

芋と違い引っ張ればポコポコと抜けるので作業ははかどりますが中腰なので爺様達は堪えてるいる様子です

出来はよく大きく丸々と太っています

爺様に言わせると太りすぎだそうですが私にはこの辺の出来の差は分かりません

でもいつか自分でも作りたいですね

 

私のペースは爺様の倍くらいですがそれでもマイペースなのできつくありません

ふと爺様達を見ると疲れてタバコをくねらせています

これについて不公平だとか思ってたら爺様達との共同作業なんて絶対無理だと思います

むしろ働き盛りの人間が爺様達のペースで働いているのですから楽してるくらいです

午前中4時間働いて作業は終了

出来の悪いモノを持って帰っていいと言われたので2個ほど持って帰りました

別に10個でも20個でもよさそうですが料理できないのでやめました

午後は銀行に行って草刈りをして終了

1日目は畝に並べて天日干しです

婆様達の作業はここまで

 

2日目

昨日干した玉ねぎの積み込みですがここからは完全に体力勝負です

コンテナ一杯に積むと1個10㎏~20㎏になるのでコレを何十個も運ぶとなると私でもキツイ

当然爺様達には過酷なので私の役割も大きくなります

時給は一緒なので損してるかもしれませんが純粋に私個人の仕事としては別にキツい気はしません

それよりも無理して怪我をされるのが怖いところです

爺様達はちょくちょくつまずくのでヒヤッとします

まああんまり年寄り扱いされるのも嫌でしょうし私のようなひよっこに言われると気分よくないでしょうから出しゃばらない程度にしておきます

軽トラに玉ねぎを満載にして倉庫にピストン輸送です

全部で3tくらいですかね なかなかの重労働でした

終わると爺様達はフラフラです

腰が痛い膝が痛い肘が痛い手首が痛い ありとあらゆる場所が痛いようです

正直40の私でもキツイのに平均70歳を超える爺様達によくできるものだと感心します

毎度の事ですが感謝されるのは嬉しいもんです

普段は一人での孤独な作業ですしね

もっともそれも好きなんですけど



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です